1. ホーム
  2. 産業医
産業医

産業医

産業医について

産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師を言います。

産業医の選任条件

事業者は、常時50人以上の労働者を使用するに至った時から14日以内に産業医を選任する必要があります。また、産業医を選任した際は遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る義務があります。
労働者が多くなるほど産業医の業務量も増えますので事業場規模(労働者数)によって選任する産業医数や専属か嘱託か定められています。

産業医の職務内容

産業医の職務の内容は健康障害の予防と労働者の心身の健康保持、増進に資することを目的とした広い範囲にわたるものです。
労働者の健康診断、衛生教育、職場における健康障害の原因調査、事業場の責任者に対する専門的な指導助言、職場の巡視などであります。

新町クリニックの産業医活動

現在、新町クリニックでは複数の認定産業医がおり、約90社の企業様と産業医の契約をしております。
事業場(事業者)と労働者の間にあり、労働者の健康を保持・増進して労働と健康を図るため、健康診断に基づく生活指導、その他保健指導。職場巡視による作業方法や作業環境などの改善提案。また衛生委員会・安全委員会などの構成員として会議に出席など、日々活動を行っております。
また、新町クリニックでは保健師による企業訪問も行っており、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えることに重点を置いて活動しております。