人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

アミノインデックス(胃、肺、大腸、膵臓、前立腺(男性)、乳(女性)、子宮・卵巣(女性)の、がんリスク検査及び糖尿病リスク検査)

こんな方にお勧め具体的な内容動画で見る予約~検査までよくあるご質問
20歳〜80歳の成人男女(がんは25歳〜90歳)で血液検査で現在がんである可能性と将来の糖尿病リスクについて知りたい方

血液検査により、採血時のがんである可能性を評価するとともに、採血時より4年以内の糖尿病にかかるリスクを同時に評価します。
(がんの具体的な部位や将来の具体的な可能性を完全に予測するものではありません。)

男性 評価項目 がんの可能性 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
対象年齢 25〜90歳 ※前立腺がんは40〜90歳
評価項目 糖尿病リスク 4年以内に糖尿病を発症するリスク
アミノ酸レベル 血液中の必須・準必須アミノ酸の濃度レベル
対象年齢 20歳〜80歳

女性 評価項目 がんの可能性 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮・卵巣がん
対象年齢 25〜90歳 ※子宮・卵巣がんは20〜80歳
評価項目 糖尿病リスク 4年以内に糖尿病を発症するリスク
アミノ酸レベル 血液中の必須・準必須アミノ酸の濃度レベル
対象年齢 20歳〜80歳

※AIRS®は上記年齢の日本人を対象として開発された検査です。これらの方以外の結果は報告されますが、
評価対象外となります。

※糖尿病の方(治療中を含む)でも結果は出力されますが、AILS(糖尿病リスク)値やAILSランク評価、検査結果に基づくタイプについては評価対象外となります。

・予約~検査まで
1. 検査前の8時間は水以外の食事、サプリメントは採らないで下さい。
服用されている薬については事前に主治医にご相談の上、その指示に
従ってください。
2. 正しい検査結果を得るために、検査当日朝の運動はお控えください。

Q1. 検査の結果、評価はどのように出ますか?
A1. ランクA〜Cの3段階で出ます。
がんの場合、ランクCが最もがんである可能性が高いですが、100
パーセントではありません。ランクAであれば100パーセントがんでないと
言い切れるものではありません。
糖尿病の場合、採血時より4年間の将来に糖尿病にかかるリスクを判定しますが
ランクAであっても、100%糖尿病を発症しないとは言い切れず、BやCでも必ず4年以内に
糖尿病を発症しないということではありません。

Q2. がんの検査も将来のリスクを評価することはできますか?
A.がんの検査は将来にわたってのリスクを予測するものではありません。
この検査は、その他の検査結果とともに総合的に判断されるものです。

Q2. 対象年齢であれば誰でも受けられますか?
A.検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は
数値に影響が出ますので、検査は受けられません。