人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

乳がん検査(マンモグラフィー:乳腺X線検査)

こんな方にお勧め具体的な内容予約~検査までよくあるご質問
  • 35歳以上の方
  • 家族で乳がんになった血縁者がいる方
  • 良性乳腺疾患にかかったことがある方
  • 子宮頸がんにかかったことがある方
  • 体内のエストロゲンレベルが高いこと、経口避妊薬の使用、閉経後のホルモン補充療法などによって乳がんリスクが高くなる可能性があります。
  • また、閉経後の肥満、飲酒、喫煙によりリスクが高くなることはほぼ確実とされていますのでご心配な方は受診をお勧めします。
乳房のエックス線検査で、柔らかい乳房を撮影する事ができる専用のレントゲン装置を使います。
マンモグラフィでは視触診ではわからないような小さなしこりや早期乳がんのサインとなることもある石灰化を写し出すことができます。
検査の方法は、左右の乳房を片側ずつ圧迫板という透明な板で強めに押さえ、平たく引き伸ばして撮影します。
※当院ではデジタルX線撮影を行っています。デジタルの画像は過去のデータと比較しやすく小さな変化を見つけることが容易です。
マンモグラフィは乳腺の全体像をとらえやすく、過去の画像と比較しやすい検査です。定期的に検査することで病気の早期発見に繋がりますので、定期的に検診を受けて下さい。
  1. 撮影の範囲は乳腺を前に引き出すために、わきの下からおなかの方までを含めた部分を圧迫して撮影し、検査時間は着替えも含めて10分くらいです。
  2. 撮影の際は写り込みを防ぐために、制汗剤やパウダーなどをよく拭き取り、髪の毛は束ねて下さい。
  3. 乳房を圧迫するため、乳腺が張っている時期は避けた方が良いでしょう。月経開始後1週間くらい、乳房のはりや痛みがない柔らかい状態の時の検査がお勧めです。
Q.痛みを伴う検査と聞いて心配です。
Q.乳房超音波検査との違いは何ですか?
Q.放射線の被ばくが心配です。
Q.マンモグラフィの判定が要精密検査となっています。どうしたら良いでしょうか?
Q.妊娠中でも検査は受けられますか?
Q.豊胸術(シリコン挿入など)をしている場合でも検査をうけられますか?