人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

便潜血検査(2回法)

こんな方にお勧め具体的な内容予約~検査までよくあるご質問
  • 50歳以上で食生活の乱れを感じていらっしゃる方
  • 家族で大腸がん、ポリープがある方がいらっしゃる方
便潜血反応検査は、大腸ガンを診断する検査のひとつとして行われています。
大腸ガンの多くは大腸(下部消化管)の出血を伴うので、便に血液が混入しています。
この検査では便中に混入した血液(ヘモグロビン)を検出し、大腸での出血の有無を確認しています。

二回法とは二回(異なる日)の排便により、それぞれ採取した便を検査する方法です。
出血は必ずしも継続的ではないため、二本法を行うことで一本法よりも大腸出血の発見率が高くなります。

  • 便は、なるべく検査当日、前日、前々日の3日間のうちから2回(2日間)とるようにしてください。
  • 生理中は避けてください。
  • 便をとった後は、冷蔵で保存してください。やむをえず室温で保存する場合は、日の当たらない涼しい場所(25℃以下)に保管してください。
Q,便秘がちで毎日取ることができない場合はどうすれば良いですか?
Q,生理中はどうしたら良いですか?
Q.便潜血検査の判定が要精密検査となっています。どうしたら良いでしょうか?
Q.2回のうち一回は陰性だったので、精密検査はしなくても大丈夫ですか?