人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「挑戦と教育」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

昨日いろいろな縁で株式会社武蔵野の部長さんが訪問してくださいました。この株式会社武蔵野は「日本経営品質賞」という顧客の視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客の求める価値を創造し続ける組織を表彰する制度を史上初めて2回受賞している会社です。「チームトータリスト」の5大目標を達成するためにはぜひTTP(徹底的ににパクる)する必要があると思っている会社の一つです。昨日いただいた資料から抜粋しますね。

24ページ、720回早朝勉強会のダイジェストとあり、

優:新しいことに挑戦して成功した。                             良:新しいことに挑戦して失敗した。                               可:今までのやり方で成功した。                                  不可:今までのやり方で失敗した。

他の業界の非常識を積み重ねることが大切。(中略)私は死ぬまでチャレンジを続ける。そうすると、だいたいぽっくり死ぬことになっている(笑)。

とありました。

さらに、70ページには、

いくら社員に教え込んでも「育成」しなければ意味がありません。「教育」という文字を見て見れば「教える」という字と「育てる」という字が使われていることがわかります。教えるだけでは半分にも満たしていないわけです。教えても、育成しなければ時間をかけても身につかないので、時間と費用が無駄になるだけです。人間という生き物はいくら命令されても、自発的にアクションはしません。ところが、自分で気づくと、たちまち変わっていきます。どんなに知識を詰め込んでも「気付き」が伴わなければ効果は無いです。

んー、面白い!

「チームトータリスト」のみなさん、みなさんはどんな挑戦、教育やってますか?

More from my site