人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「高ストレスが続くと・・・」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

第91回産業衛生学会ではいろいろな出会いがありました。その一つを紹介したいと思います。この論文は企業で義務付けられているストレスチェックで高ストレスと診断された人は1年以内に疾病関連の休業が有意に多くなると言う事を示した論文(https://www.jstage.jst.go.jp/article/joh/60/1/60_17-0161OA/_pdf/-char/en)です。

3日目のメインシンポジウムでゲットしましたが、なんとその論文の著者が北里時代に縁があった公衆衛生の教授の先生でした。この先生が、学生指導委員会の委員長をしており、私がその委員のメンバーでした。ある会議で学生に対しての意見を述べたときに、医学部1年生のオリエンテーションをお願いされるという縁につながりました。

著者の先生によると、1年で有意に高くなるという結論だが、1か月くらいから急に疾病による休業が増えてくるので高ストレスと診断された人は早急にできる介入を始めるべきだとアドバイスいただきました。

「チームトータリスト」のみなさん、高ストレスと診断されたまま何もせずにほったらかしの同僚がいた場合は、遠慮せず産業医に相談しましょうね!そして、自分高ストレスなんだといえるような仲間がいるといいですね!

 

More from my site