人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「職場での睡眠のすすめ」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

季節は小満(あらゆる生命が満ちてくるとき)になりました。虫取り一家の我が家にとっては楽しい時期になりました。

そんな期待を込めて、熊本から変える飛行機までの時間水前寺公園に行ってきました。下調べでは、『熊本市の水道水は100%地下水でまかなわれている。“水の都”と称される熊本では、どの家庭でも台所の蛇口をひねれば、美味しい地下水を飲むことができる。水前寺成趣園の中央にある池の水も、阿蘇山でろ過された雨水が地下水となり湧き出したもので、水の都たる熊本の象徴といえる。環境省が選定する平成の名水百選の一つにも選ばれている。』これならきっとトンボ、イトトンボなどがいるはず!写真のようにとてもきれいな場所でしたが、残念ながらトンボには出会えませんでした・・・

今日は、熊本で学んだことの続きで、職場でどう寝ることについてです。今回の学会では昨日紹介したストレスチェックの次に睡眠の話題が多かった気がします。

従業員で睡眠に問題を抱えている程度が高いと(どれくらいかはわかりませんでした)退職のリスクが5倍になります。睡眠時間の国際比較では日本は韓国に次いでブービー症で7時間程度です。6時間を切ると問題が多くなります。という疫学が紹介されていました。

そこでというわけではないですが、睡眠負債があるという前提で積極的な昼寝が明らかな効果があるのでぜひやってくださいと言う事でした。とくに40歳以上、睡眠負債がある人、午後2-4時頃眠くなる人にはお勧め!

IT企業で残業させずに効果あげるには昼寝というデータも出ていると言う事でした。ただし、1時間以上寝ると悪さがでるので深い睡眠ではなく、軽い睡眠にすること。つまり10分~15分にするのがお勧めで、昼休みの最後ねておく、寝る前にカフェイン飲むと15分くらいできいてきて目覚めやすいということでした。車の中でも、自席でも座った姿勢がいいですよと言う事でした。

「チームトータリスト」のみなさん、昼休みの昼寝、やってない方がいたら試してみてくださいね!

 

More from my site