人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「ピンチを救う救世主!」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

ここ数日懐かしい再会が続いています。昨日は、中医学の勉強に通っていた10年くらい間の同級生で医者が4人もいるなかで主席だった管理栄養士さんからメールをいただきました。「先生、拝見しましたよ~!」って、非常にうれしいですね。臨床栄養という管理栄養士さんたちがよく読んでいる雑誌に先日投稿した原稿を読んでくれたようでした。こんな連絡をいただくと人はつながりで生かされていると感じます。

さて、今日は我が社の救世主の話をしたいと思います。ただいまある職員がインフルエンザでお休みしています。病気やけがはかからないように注意するのも大事ですが、そうはいってもいつかはみんながかかるでしょう。かかった時にお互い様とカバーしあえる組織って素晴らしいですよね。

今回も、その部署の仕事に穴があくのではという危機が訪れたんだと思います。そんな中それをカバーしてくださる救世主が現れたと聞きました。そうです。Mさんです。聞くところによると休暇を取っていたんだが、一大事と言う事で休暇を返上してくださったと。この好意のお蔭でお客さんには迷惑をかけず、休まざるを得ない職員も安堵の気持ちから免疫力は上がり回復も早まるでしょう。

普段からお互い様の精神でかけない迷惑はかけない方がいいのでしょうが、いざというときに迷惑をかけあえる関係づくりも大事なんだなと感じました。これがこの部署ではできていると言う事ですね。本当に素晴らしいと感じます。

「チームトータリスト」のみなさん、今日もお互い様の精神で相手に喜ばれる仕事を楽しんでやっていきましょう!日々の相手の気持ちを思いやりながらやる活動がいざというときの関係に響くはずです!

 

More from my site