人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「さくらんぼ狩りで学んだこと」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

先日、長男の幼稚園時代のお母さんが企画したさくらんぼ狩りに参加してきました。

30組ほど参加したのですが、子供たちの同伴者は母親、もしくはおばあちゃんと言う事で私以外は女性。。。どうなることかと初めは思いましたが、そこはどうにでもなるというのが結論ですね。バスに乗ってみると、あるお母さんから「女性ばっかりなので男性が一人でもいてくださるととても安心です。」と承認のメッセージが。このお母さんとても上手。さらに虫取り網、虫かごセットで持参したのは我が家だけだったのもあり、子供たち特に同級生のお姉ちゃんたちが、無視さわりたいとか、〇〇とってと集まってきてくれます。

15時過ぎまで、ソフトクリーム、虫取り、バイキング、リフトで膠原探索、生き物探し、ワイナリー見学、そして15時過ぎてからメインのさくらんぼ狩り。子供たちは食べながら生き物採集、プラムの落ちた実を私の背後からぶつけてきたり、さくらんぼの種を飛ばしてきたりといろいろ絡んでくれます。いやー楽しかった。これはまさしく承認のメッセージですね。

最近読んだ本には、「ほめる」と「承認」の違いと言う事がかいてあり、まさしくそれだなと思いました。

「ほめる」はよいパフォーマンスを評価すること

「承認」はありのままを伝える、真実を伝えると言う事

ほめるの難しいですという方、まずは承認すると言う事からやったらいいですよという内容でした。

このさくらんぼ狩り、承認されなかったらとても寂しかったと思います。本当に子供たち、お母さんたちからたくさんのことを学んだ一日となりました!

「チームトータリスト」のみなさん、ほめるだけでなく、周りの人、自分を承認すると言う事を習慣にしてみませんか?

 

More from my site