人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「我々のふるさと日本」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

毎日暑い日が続く中、風と雨で涼める一日になりそうですね。二十四節季では夏至。確かに明るい時間が増えました。そして、七十二候では夏至の末候で半夏生(はんげしょうず;半夏(からすびじゃく)が生える頃であり、半夏生の名をもつ草の葉が白く染まる頃。農事の節目ともされており、田植えを終わらせる頃)です。半夏と言えば漢方の生薬ですよね。ある大学の東洋医学の授業では実習の一環としてとても辛くて食べると喉が数日いがいがする生の半夏を食べさせるという思い出作りがあるというのを思い出します。

今日の一枚は、仲間の田中薬局の社長からいただいたすずむしです。我が家の仲間になりました。社長ありがとうございます!理想的な住処です(笑)。

今日は我々が住んでいる日本について、先日訊いたことを共有したいと思います。みなさんは、世界にはいくつの国があると思いますか?

なんと196か国あるようです。この196か国は日本国が国連に加盟していない4か国が加わっており、日本が国と認めてない北朝鮮が入っていないと言う事でした。少し複雑。北朝鮮を国と認めてないんだ。。。そして2017年では76億人の人がいると言う事です。

講演では、日本は小さなくにですが、世界一がたくさんありますと言う事でした。

まず、

2015年の平均寿命世界一、

創立100年以上の会社数が世界一(フランス330社、ドイツ1500社に対し、日本はぶっちぎりの30000社)、

航空会社の時間の正確さが世界一、

旅行の評判が日本一(3位ミュンヘン、2位シンガポール、そして日本)

という素晴らしいことがある一方、

寝たきりの期間世界一(3位ドイツ6.9年、2位中国7年、日本男性9.2年、女性12.7年)

水道の塩素濃度が世界一

食品添加物の種類が世界一(3位ドイツ64種類、2位アメリカ130種類、日本1500種類)

若者の自殺率が世界一(18歳~24歳で3位アメリカ、2位韓国、そして日本)

と不名誉な世界一もちらほら。

ギネスって面白いですね。

自分たちの母国を知る、周りの国を知ると言う事でこれから目指すところが見えてくるのかもしれません。

「チームトータリスト」のみなさん、76億人はともかく、我が社のこと、新町のこと、青梅のこと、西多摩のこと、東京のこと、日本のこと、理想を求めて一歩一歩進んでいきましょう!

 

More from my site