人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「リピーターを減らさないために・・・」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

二十四節季では小暑、七十二候では、温風至(あつかぜいたる;雲の間から注ぐ陽がだんだんと強くなる頃)。昔の方達は本当に自然をよく見ていましたね。

今日の一枚は、その自然の厳しさを痛感する一枚です。育てた蝶の幼虫羽化できませんでした。。。

それでは、気を取り直して今日の本題。

昨日の東洋医学研究所の患者さんとのやり取りで「私あることで健康診断やらなくなっちゃいましたと」と興味深いお話を伺いました。その方は実際の年齢より一回り位若く見える方ですが、毎年人間ドックを外来に来た時にすすめられていたようです。外来でお世話になっている事務の方がおっしゃるならと言う事ですすめられると申し込むと言う事を数年やっていたようですが、ある時から外来の窓口ですすめられなくなったと。

いやー驚きました。この方には事務の方だけでなく、看護師、検査技師、そしてドクターも絡んでいます。そのどこからも人間ドックの誘いが出なくなった時にリピーターではなくなったと。

そもそもお誘いしないと受けてくれないと言う事も考えないといけません。しかし常連さんをお誘いするのはどの職種でもできることです。一人一人の仕事に対する価値観が違う方向を向いていると言う事なのかもしれません。

何かの縁があって当院に来てくださった利用者さんに少しでも気持ちのいい時間を過ごしていただき病気減らし、元気増やしに役立ちたいですね。

「チームトータリスト」のみなさん、みなさんの仲間で人間ドック受けてない方いませんか?リピーターになっていただくチャンスかもしれません。

More from my site