人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「オンライン診療ってすごい!」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

1か月ほど前にオンライン診療の特集号と出会い、目を通しこの投稿にも「子供が1人で行ける病院」というタイトルで載せました。

昨日はその特集号を企画したのとは別の企業から説明をしていただきました。医師向けに大々的に開催されたセミナーの録画を無料で見れるサイトを教えていただき予備知識を収集し、担当者からどんなことに興味があるかをメールでやり取りし、昨日は新町クリニックならこんなことができるんじゃないんでしょうかという具体的な提案をいただけました。

いやー正直驚きました。あそこまで進んでいるのかよって感じです。

外来だけに限らず、産業医、保健指導、栄養指導、セカンドオピニオン外来、医療相談などなどいろいろ幅が広がります。そして問診なんかもすべて前もってWEB上でつけてもらう事が可能です。しかも事務サイドの仕事量は大きく変わらない!

これなら病気減らしだけではない、元気増やしの外来、指導、相談がクリニックに来なくてもやることができる。医師だけでなくメディカルスタッフもできることが増える。外国から相談することも可能。妄想が膨らみます(笑)!!!

これを導入すると、

・正規の外来の患者さんを少なくできると思うので待合室がすきますね。

・慢性疾患のフォローで外来に来てインフルエンザなどの感染をもらう機会も減りますね。

・落ち着いていてコントロールが良好な患者さんだけオンライン診療の恩恵をもらえるというインセンティブが働くなら患者さんのコンプライアンスもよくなりますね。

・産業医面談も訪問してもらわなくてもできるようになるかもしれません。

・外来診療ではなく、看護師、保健師、管理栄養士による病気を減らすのみならず元気を増やす指導、相談が遠方からもできるとなると青梅が遠いという立地上でのしばりがなくなりますね。

「チームトータリスト」のサービスを全国展開、世界展開できる道具になることでしょう。

「チームトータリスト」のみなさん、時代は変わり続けています。ダーウィンが言った『生き残る種は変わり続けられる種である』を目指していきましょう!

More from my site