人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「経営計画発表会をみて」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

最近本当にたくさんの出会いがあります。今日も朝から写真のような出会いがありました!

先日会社見学に行かせていただいた古田圡経営の第36回経営計画発表会のDVDを拝聴させていただきました。この発表会は3部構成でした。

1部:法政大学の坂本教授からの基調講演

2部:古田圡先生からの経営計画発表

3部:終わりの言葉

です。

第1部では、8000社の分析で職員満足度調査、顧客満足度調査、取引業者満足度調査で70点以上取っている会社では赤字になっている会社はないと言う事でした。講演の中で台湾の会社を見本として挙げており、その会社は10人で作業するところを12人~13人でやっているということでした。そうすると急な休みがあっても対応はすぐできるし、休みがいないときもお客さん目線で対応するスタッフが多いのでいい風土が作れるということでした。

第2部では、経営計画書には社長の想いをしっかり描いて職員に理解してもらう事の重要性を、そして会社の売り上げは製品、商品、システムで作り、会社の風土は挨拶、掃除、朝礼でつくられると言う事を学びました。さらに、この動画を見るまで私は、職員、お客さんのどっちを大事にするかと訊かれたら両方大事と答えたでしょうが、これからははっきりしてます。職員とその家族です。社長は職員を一番大事に、職員はお客さんを一番大事にすると言うのが原理原則にのっといていると学んだからです。

そして最後の第3部というか挨拶では、古田圡社長が行う経営計画発表会は今回で最後になり、世代交代が行われるようです。それを踏まえ、「私たち全員が社長の後継者です」と言い切っている姿を見て、電車の中で号泣しました。私もそんなことを後継者に行ってもらえるような経営者になりたいと強く思いました。

「チームトータリスト」のみなさん、この経営計画発表会のDVDを見たいという方は是非お声掛けください。今日も笑顔ではりきって働(傍(はた)を楽にする、人のために動く)きましょう!

 

More from my site