人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「聴き力」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

昨日午後1時29分には東京都青梅市で都内初の40度超えとなる40.8度を記録したということでした。大暑の初日にそんなことが起きるなんて昔の人は本当にすごいです。

今日は『聴き力』のお話しをしたいと思います。

聴き力検定協会(こんな協会があるんですね!)によると、そもそも「聴き力®」とは?

「聴く」という普段何気なくやっている行為そのものが
実はコミュニケーションの重要な「スキル」だということをご存じでしょうか?
聴くことは、自分も相手も大切にするコミュニケーションの基本です。
「聴き力®」は、後天的能力であり、「聴き力®」を磨くことで、人間力がアップします。

とあります。

いろんなことを考える人がいますね。

「聴き力®」=コミュニケーション力=自分も相手も大切にする人間力

私たちはなぜ意思の疎通がうまくいかなかったり、話が伝わらなかったりするのでしょうか。
「私は人の話を聞いている」と、大抵の方は思っています。
ところが、実は、大抵の方が「聞いていない」のです。
相手の目線で「聞いていない」のです。

相手の目線で聴くという「聴き方」を知らないだけなのです。
相手を大切にする=自分を大切にする=人間力その人間力があれば、あなたのコミュニケーション力はイキイキと輝き出し、自分自身も相手も『ワクワク』『ドキドキ』させる力が生まれます。

と言う事でした。

そして、人の話を聞くときにやってはいけない3Hも発表しておこうと思います。

1.批判

2.否定

3.評価

この3つのうち一つでもあると相手の話を聞けなくなると言う事でした。んーなるほど。

最後に聴き力「あいうえお」を紹介して今日の投稿は終わりにしたいと思います。

「チームトータリスト」のみなさん、『聴き力』意識してみませんか?

180724 聴き力

More from my site