人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「見学会で感じたこと」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

今日の朝は薬局のM社長からいただいた鈴虫の音色で目が覚めました。暑さも少し和らぎ過ごしやすいですね。

昨日は楽しみにしていた会社の現地見学会に参加しました。

すごい工夫の数々でした。100回の良い取り組み(勉強会参加後の感想文提出、してい文庫を読んで感想文、上司との評価面談、サンクスカード記載、夏祭り参加、健康診断参加、見学会でお客さんからのほめ言葉など)を行うと期末に賞与が増えるスタンプ制度、朝礼、掃除の当番が決まっていてさぼる、遅刻などは努力分、反省文、始末書を書く仕組みがあり、始末書2枚で賞与半額、残業が多い職員は翌月は早く帰ってよねという意味で1か月間ワーストランキングが見える化される(その個人だけでなく上長も連帯責任)、壁一面がホワイトボードになっていて、マグネットをうまく使い善い行いの見える化だけでなく、悪い行いの見える化も掲示、ある程度在庫がなくなったらもう最低在庫以下ですと書いてあるカードが出てきて追加を促す仕組み。文房具を個人で持たず決まったところに置くような仕組みがあり在庫を減らす。ホチキスの裏にマグネットがついていてホワイトボードにくっついていました。文書も共有化して机の前に書類が少なくできている、院内に現金振り込み機があり職員はそこに振り込み、経理はお金をいじらなくて済む仕組み、各部署で職員のスキルを見える化して掲示、床まわりが掃除しやすいようにデスクの下には配線などがないような工夫、個人の心理分析の結果が張り出してあり、その結果を踏まえて、仕事の他の見方を変えるようにしてお互いが気持ちよく仕事をできるようにする工夫、サンクスカードをお互いアプリで送りあう仕組み。

いやー勉強になりました。

「チームトータリスト」のみなさん、この現地見学会に行きたい方はぜひ私か事務長までお知らせしてください。本当に勉強になりますよ!

 

More from my site