人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「やる気スイッチ」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

今日の一枚はこの昆虫の写真。コカブトムシのメスです(笑)。

最近、産業医の面談で感じていることを今日は共有したいと思います。「調子はどうですか?」→「疲れてます…」

というやり取りが多い気がしてます。

この疲れるというのはどういう事でしょうか?本来疲れるというのは体に乳酸がたまると言う事?だとすると冒頭のやり取りの疲れるは本当の疲れるではない。

「疲れてます…」というのは、「うまくいってません…」とか、「充実していません…」という言葉の裏返しなんでしょうね。

こんな時どうするか?私の答えは体の中のやる気スイッチをオンにする!です。

みなさんのやる気スイッチはどこにありますか?

身体の表面にあれば誰かが「ピンポーン!」と押してあげればいいのですが、そうはいきません。このやる気スイッチの特徴は、

・人の内側にしかない

・入れるのは自分だけ!

という特徴があるようです。

自分の仕事が大好きといったらすべてオンになる。

彼とのデート、家族との時間、満たされていると思ってるとオンにしかならない

オンになってるときは疲れがこない、疲れるのは心が疲れる、自分がやりたいことを表現できないときつかれる。

仕事が悪い、あの人が悪い、と言っていてもその対象は絶対に変わりません。一番簡単なのは自分が変わること。疲れる人生を選ぶのか、充実した人生を選ぶかはすべて自分が選択しているのです。

「チームトータリスト」のみなさん、疲れると感じる人生、充実していると感じる人生どちらを選択しますか?選択した通りになりますよ!

More from my site