人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「神・時間術」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

長男が学校の先生から「夏休みには夏休みだからこそやれるといういつもと違う事をしてください」と言われたようです。そのおかげで今日の投稿ができました。息子たちは本が大好き。家にいて静かだと思うとソファで本を読み漁っています。先日、夏休みで家中の本を読んだから新しいの買いたいといわれました。その時すでに夜の7時を過ぎていました。夏休みは夏休みしかできないことをやるという目標もあるからということで、「自分で持って帰れる量の本ならいいよ」と夜の本屋に出向きました。

その時今日紹介する本と出会ったのです。その本のタイトルは、

『神・時間術』

この本のはじめには次のように書かれていました。

「もっと時間を有効活用して、仕事で結果を出したい」

自分のための勉強をしたいけど、毎日忙しすぎる」

「もっと家族と過ごす時間がほしい」

「たまにはのんびりする時間を持ちたい」

あなたもこんなふうに思っていませんか?

1日24時間は、すべての人間に平等に与えられています。時間の使い方で、人生がすべて決まるのですと。

この本の中には、精神科医である著者が自分の実践に科学的根拠を加えて、どんなことを気にしながら日常を過ごすと質が上がるかを言及してくれています。

昨日ゲットした情報を一つだけおすそ分けすると、

『娯楽には2種類ある。受動的娯楽と能動的娯楽である。前者は、テレビ、テレビゲームのようなほとんど集中力をつかわないしスキルも必要としないもの、後者は読書、スポーツ、ボードゲーム、楽器の演奏などの集中力や、目標設定とスキルの向上を要するもの』と言う事でした。

『能動的努力は集中力を高めるトレーニングとなり、人を成長させる一方で受動的娯楽は何も生まない』と。さらに『無気力を呈する割合を調べた研究では、「スポーツ、ボードゲーム」の16%に対し、「テレビ鑑賞」は38%、読書と、ボードゲームを日常的に行っている人は認知症のリスクが低いという研究まである』と。

そして、『神・時間術』を学び1時間の自由な時間を作れたとき娯楽に1時間使うとき、あなたはどちらの娯楽に時間を使いますか?ということでした。

最近の私の通勤時間の楽しみは師匠鴨頭さんの動画でしたが、またまた楽しみが増えました!そして、『神・時間術』をTTMしてもっと自由な時間増やしちゃおうと思っています!

「チームトータリスト」のみなさん、1時間自由な時間が毎日増えたら何しますか?

「神・時間術」の画像検索結果

More from my site