人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「15・45・90の法則」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

台風の影響はどうだったでしょうか?私は本日朝のトラブルに備え、福生に宿泊しました。宿題を仕上げ、大好きな読書にふけることができましたよ。

今日も昨日の「神・時間術」から共有したいと思います。集中力には、「集中の深さ」と「持続時間」があると言う事です。

例えば、同時通訳は15分で交換しているとか、船舶や航空機のレーダー監視などの作業は20分すぎると低下すると言う事で、かなり深い集中が持続できる集中時間は、15分程度。

小・中学校の授業は45~50分で一コマで体に染みついているはず。

サッカーの試合も45分がハーフで90分、2時間のドラマもコマーシャルのぞくと90分、そして人間の脳波のリズムも90分周期、胃の蠕動も90分周期であることから、集中力も高くなったり、低くなったりとリズムがあると。そのリズムを知って集中力の波乗りをするように集中力を最大限活用する仕事術がいいのではという提案でした。

単純な事務作業は、15分単位で少しの休憩を入れる。15分の単位を3つやったら自分の儀式としてこんなことをやろうとか、ぶっ通しでやってるような作業があっても90分で一区切りをすると言う事を意識するといいでしょうと言う事でした。

今日から早速やってみたいと思います。このためにストップウォッチを昨日購入してしまいました(笑)。

「チームトータリスト」のみなさん、「15・45・90の法則」早速試してみましょう!

180809 15 45 90の法則

 

More from my site