人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「掃除道」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

昨晩は日本を美しくする会顧問の田中先生の「ひとつ拾えばひとつだけきれいになる」という講演会で掃除道の勉強をしてきました。

掃除の大切さは、武蔵野の小山社長や古田圡経営の古田圡所長からも企業の業績・風土をよくする必要条件だと学びました。ただ具体的なことはよく理解していませんでした。そんなときに田中先生のセミナーがあり申し込んだというわけです。

『鏡は姿を整え掃除は心を整える』

この一言に尽きると感じました。

掃除とは見た目の問題にとどまらず、相手が喜ぶようになって、もともと持っているものを引き出せるようになると言う事だと学びました。そして、日常だと。特別なことではないと。

ここ数週間、日常できることをやり続けると言う事がどれだけ効果があるかを体感してきたので私にはすとんと落ちてきました。田中先生の言葉を借りると無意識下の教育と言う事です。無意識下の潜在意識のエネルギーは意識下の3万倍とも聞きますのでそのエネルギーを使うのに掃除がいい道具になると言う事ですね。

田中先生は、掃除をする➡自分の心がきれいになる⇒周りの心もきれいになる➡企業の再生につながる➡社会貢献になるとおしゃっていました。

まだまだ書きたいことはありますが、大谷翔平選手の話題で終わりたいと思います。大リーガーである大谷選手は、高校時代から「運」を大事にしていたと。そのために掃除を意識している。大谷選手曰く、

「運は自分で見つけるもの、拾えるもの。他人がポイって捨てた運を拾っているんです。他の人が汚していったものを自分が拾って後味がいい生き方になって応援してくれる人が増えるんです。」

おそろしいーーー!

「チームトータリスト」のみなさん、今日から自分を磨くための掃除始めませんか?

 

More from my site