人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「チームトータリストからチーム青梅へ」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

今日は昨日の月例会での話を共有したいと思います。昨日の月例会では、新町クリニックの移転候補地について皆さんの前で共有しました。

場所は、

「東青梅のケミコン跡地」

です。

ここは、数年前から市が官民連携で再開発をしようと構想している場所。

今後チームトータリストの活動が地域だけでなく、全国、全世界へ役立つものになるために「チームトータリスト」単体で勝負するのではなく、今後人口が減っていく青梅、西多摩を盛り上げたいと考える企業と組んで「チーム青梅」として勝負するほうが地域の役に立つ、そして何より夢は大きいほうがやりがいがありワクワクすると考えた結果です。

我々「チームトータリスト」は健康というキーワードを窓口にこの再開発事業を盛り上げる。他の企業はそれぞれの得意分野でこの再開発事業を盛り上げる。自分たちの企業だけでなく、地域もよくなってもらいたいという企業と手を組んで青梅を盛り上げ、「チームトータリスト」5つの目標の5つ目の「住むだけで健康になる街づくり」を達成すると言う事です。

幸いこの事業が本格的に動くまで数年あります。その間に外に目を向ければ、一緒に手を組んでくれる「チーム青梅」の仲間づくりを発展させる必要があります。そして、内に目を向ければ経営母体をさらにしっかりさせるために両輪をしっかりさせていく必要があります。

その両輪とは、「利益」、そして「風土」です。

「利益」は商品、製品、サービス、システムから生まれます。病気というマイナスを減らすだけではなく、元気というプラスを増やすというのが「チームトータリスト」の最大の商品です。これをさらに追及していきます。

「風土」はこれからさらにしっかり取り組む必要があります。具体的には、「挨拶」、「掃除」、「朝礼」です。え、何をいまさらという声が聞こえそうですが(笑)、この3つの「挨拶」、「掃除」、「朝礼」をしっかりやる組織にしていきます。必ずやります。そのために、この3つをしっかりやっている企業に順番に見学に行くようにします。そして各企業のいいところをTTM(徹底的に真似る)して、我が社の風土に加えていきます。

これら「利益」、「風土」を「チームトータリスト」一丸になって追求し続ける結果、「チーム青梅」の仲間が増え、この再開発事業が成功し、夢のある未来になるのだと確信してます。

この投稿でもよく出る3つのステップ、

①これは私の問題だ

②今すぐできることは何だろう?

③よし、やってみよう!

の精神でワクワク、楽しみながら前に進んでいきます。

「チームトータリスト」のみなさん、この夢をかなえるには、皆さんの力が必要です。ぜひ一緒にやり遂げましょう!

180915

More from my site