人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「Pay back-Pay forward」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

10月下旬に母校の医学部1年生に「キャリアデザイン」の授業を行います。ここ数週間まさに勉強中。

その中で学んだことが、「Pay back-Pay forward」です。日本語にすると・・・「恩返しと恩送り」ということでした。ウィキペディア先生によると、恩送りとは、「親切をしてくれた当人へ親切を返そうにも適切な方法がない場合に第3者へ恩を送る。恩を返す相手が限定されず、比較的短い期間で善意を具体化することができる。社会に正の連鎖が起きる」

とありました。

なるほど、まさしく「情けは人の為ならず」ですね。

調べてみると、「施恩は忘れよ、受恵は忘れるな」、「与えた恩は水に流し、受けた恩は石に刻め」ということも出てきて、いろいろな人からしていただいた親切を忘れずにより多くの人に親切にしましょうということですね。

こんなネタの映画もあるようです。「Pay Forward」

社会の授業で「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」という課題の後、先生は「考えたアイデアを実行すること」を求めます。トレバーは3人に親切をし、それが繋がっていくかどうか、自分の考えたアイデアを実行に移しました。

ぜひ見てみようと思います。

キャリアデザインと恩送り何がつながっているのか?

また長くなりそうなのでそのうちにご説明する機会があると思います。

「チームトータリスト」のみなさん、「恩送り」これからより意識してみたいと思います。

 

More from my site