人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「キャリアデザイン」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

2週間にわたって学んだことを共有してきたキャリアデザインについて今日まとめて一区切りにしたいと思います。キャリアに必要なのは、

「目標ではなく、習慣だ。」

もちろんイチロー選手や、本田選手のような高い志があること天命を若くして知れる、感じられる人は目標を定め邁進したらいいです。しかし、多くの人は違います。

やるべきことは、自分が心地よいような仕組みづくり、そして人が喜ぶような恩送りを自分らしくデザインしていく。

この毎日の日常が、主体的で柔軟であれば、たくさんのチャンスに気づき、捕まえられる。他人の目、評価は無関係。他人はそこまであなたに興味がありません。あくまで自分が大事だけど他人も大事。つまり、鴨頭さんが言っている「自己中心的利他」が重要です。

この自己中心的利他をかなえるためには、

「褒める、叱る、怒る」というような「非日常」で日々を過ごすのではなく、

「承認」という「日常」で日々を過ごす。

時代は常に変わっており、過去正しかったことが正しいとも限らないし、その逆もしかり。

時代の流れを肌で感じながら、自分らしく常に半歩先に進む意識を持ちながら変わり続ける。

そんな自分らしい習慣がキャリアデザイン。

変わりたくないという人はどうするか?

変わらないなら時代に取り残されていくだけ。自分で生きにくい選択をしているということに気づくべきです。選ぶのは自分。

自分らしく生きるには変わり続けることが必要です。

ダーウィンの「変わり続ける種が生き残る」につながります。変われない種は絶滅するだけ。この時にスピードは無関係です。変わると決めるかどうかが重要です。

いろんなことがつながり、頭の中が整理されてきました。

10月30日医学部の授業が楽しみです。

これから学んだことを熟したバナナみたいになるように熟成していきたいなと思います。

「チームトータリスト」のみなさん、みなさんのキャリアデザインもいい機会として考えてみませんか?

More from my site