人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「第10回エコヘルス研究会」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

土曜日には、八甲田自然塾主催の「第10回エコヘルス研究会」が行われました。この研究会は、我が家が夏に毎年参加している親子キャンプを主宰している八甲田自然塾の東京大会です。

仕切っている事務局長が入院するということが起きましたが、日ごろの「縁」で乗り切りました。本当に素敵な仲間たちで3K(感謝・感激・感動)の数日間でした。

当日は二人の演者から「健康長寿のための新たなる食卓の提案」、「解毒(デトックス)と未病」という二つのテーマで学んできました。

演者のお二人の伝えたかったことは、それぞれあるのでしょうが、私が感じたのは『縁』、『必然』です。

なぜかというと、最近興味を持って調べ始めた二つのことが、それぞれで紹介されていたんですから!『縁』、『必然』を感じずにはいられませんでした。

一つは、「ファスティング」、もう一つは「オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)」です。

「ファスティング」は、細胞の機能をリセットするために数日間の絶食を計画的に行うこと。「オーソモレキュラー」は細胞に至適量の栄養素を供給するように努める治療法です。

前者は、いろいろな情報、やり方があってどれがどうだかよくわからない。後者は、国際的には系統化されている医学であるのでしかっり学ばないといけない。

こんな風に考えているときに、実際に体験し、実践している方からお話を伺うことができました。

うーん楽しみが増えました。

そして、「人間ドックは、がんをはじめ病気を探すということで予防医学ではない。本当の予防医学とは、病気になる前にリスクをチェックし、改善していくことである!」と学びました。

そんな学びに加え、懇親会では新たな出会いがありました。

自分が正しいと感じることを工夫しながら日々実践している仲間たちが出会う場所でした。

こんな学びと出会いにあふれる八甲田自然塾の東京大会、これからもこの仲間たちともたくさんの学びをつづけたいとおもっております!

「チームトータリスト」のみなさん、新しい時代の「人間ドック」、「新たな出会い」常に考えていきましょうね!

 

More from my site