人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「税を考える週間により良い習慣を感がえる」

みなさん、おはようございます。所長の神應です。

昨日は11月11日~17日の税を考える週間の特別講演会に参加してきました!人前で話すことが多くなってから、人の話を聞くことに対し、以前よりとても主体的になりました。

聞きながらなぜこの人の話は魅力的なんだろう、逆になぜこの人の話は寝てる人が多いのだろうなどなど考えることがたくさんあります。これに気づいてからやはり一番大事なのは、「心の矢印」だということがよく理解できました。寝てる人が多い講演会は、演者の心の矢印が自分に向いている、聴講者に向いてないということが理解できました。そんな風に講演を聞くのが楽しみな私は、ワクワクしながら出席しました。

昨日もいろんなことを学べました、そのうちの一部を共有しますね。

税を考える週間は、4回ネーミングを変えているようです。

「納税者の声を聞く月間」➡「納税者の声を聞く旬間」➡「税を知る週間」➡「税を考える週間」

だということでした。

はじめは、納税者からご意見を伺うだけだったのが、旬のイベントを納税者と共有しようと変化し、意見を伺うに加え、税務署側からも情報を発信するということで知る週間に変化、その後、納税者に主体的に税を考えてもらいたいということで今のネーミングになったと理解しました。

今回は、そんな週間の中に、週間という非日常ではなく、日常の習慣を大事にして生きてほしいという想いで、

「税を考える週間に人生100年時代をより良く生きる習慣を感がえる」

というタイトルにし、参観した方に、健診、外来、産業医で三冠王を目指す神應が感謝して、話で感動、感激の3感(新3K)を感じていただき、参加した方々に対し、100年人生のより良い習慣を税を考える週間に感がえていただきたいということで話してきました。

神應史上最高の60分になりました。また来週40分の講演会があり、さらなるパワーアップに挑戦します。

「チームトータリスト」のみなさん、みなさんのより良い人生の習慣てどんなものがありますか?お互いシェアしてみてくださいね!

More from my site