人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「対症療法と根本治療」

みなさん、おはようございます。「医療界を変える男 神應」です。

今日は最近気づいたことを共有したいと思います。数年後に移転を考えているわが社にとっても非常に大事なことに気づきました。

ちょっと前に訪問した企業が内装をリニューアルしていました。職場巡視した際に従業員の方に冗談っぽく、

「内装がきれいになりましたけど、従業員の方たちの心もきれいになっていますか?」

と聞いたところ、苦笑いでフェードアウトされました。。。

この従業員の方の反応を見て、なるほど、見た目だけよくしても片手落ち。床下のもろさ、寒暖対策、パイプのつまりなど根本的な対応もしないといけないのだなと感じました。時々来るお客さんは、見た目がきれいでうれしいけど、ずっといる自分たちの心、建物の根本的な機能は全く変わってない。そんなことを普段感じているときにあんな質問をしてしまったのだと後で反省しました。

まさに医療でいう対症療法と根本治療ですね。

私たちは見えるところに意識しがちです。もちろん見えるところも大事です。ただ見えるところ以上に大事なのは見えないところ。そう、人でいえば見た目よりは中身。どんなにきれいにしていても心の中がどすぐらいより、心の中もきれいな方が素敵なはず。

昨年所長として赴任してから、施設のハードの問題点もたくさん感じています。その対症療法はできる範囲で行いながら根本的には移転してと思っていますが、それまでの数年間、見た目のすばらしさに見合うだけの中身を持てるかのソフト作りにもっとパワーを注ぐべきだなと感じています。

建物を変えるには自分がやりたいだけでは進まない事情がありますが、心の中身を変えていくことは自分が変わると決めて実行するだけ。自分でコントロール可能です。というか自分でしかコントロールできません。

まず自分が変わること。

これは私の問題だ。

今すぐできることは何だろう。

よしやってみよう。

の精神で今までやってないことにチャレンジしていきましょう。必ず前に進みます。

そんな自分の内面の変化をし続けた後に、新規リニューアルオープンした時のうれしさを想像すると毎日ワクワクが止まりません。

「チームトータリスト」の皆さん、みなさんはどんな根本治療を日常で行っていますか?

あー今日も最高の一日になったぞー!

More from my site