人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「医療界を変える第一歩」

みなさん、おはようございます。「医療界を変える男 神應」です。

昨日は月に一回の埼玉医大のERにお邪魔しました。

私の仕事のメインは研修医の先生、学生さんの教育ならぬ共育。教えるというよりは教えあうというイメージで共育と位置付けています。

昨日は、4人の研修医の先生と濃密な時間を過ごせました!

そのうち一人は、この夏に婦人科の先生を探すというときに力を貸してくれた来年産婦人科に入局予定の先生でした。彼は産婦人科に行くんですが、トータリストにもなりたいんですと言ってくれるような好青年。1年ぶりの再会でした。

研修医のいる部屋に入ってみると、ムム、まてよ。。。これはちょっとやばいなと表情をしている若者がおり、意識しながら話を開始。第一印象通り仕事楽しいと感じている人と、楽しくないと感じている人が半々という感じでした。

この楽しい、楽しくないということはすべて自分が作り出しているということを時間をかけて話していきました。

途中から仕事を楽しくないと感じていた人にも笑顔の頻度が増え心が動いていることが伝わってきました。

一人からは、「今日本当に話を聞けて良かったです。仕事楽しくないのはすべて周りのせいだと思っていましたが、全部自分で決めるということができるとわかってよかったです!」と満面の笑みで話してくれました。

そうだ、これが「医療界を変える」第一歩なんだ。

「医療界を変える」というと大きなことと思いがちだが、大きさなんてどうでもいい。

これは私の問題だ➡今すぐできることは何だろう➡よしやってみよう。

これだけあれば世界は変わる。

現に昨日数人の若い研修医の先生の心が変わった。

次回彼らに会うのが楽しみだ。

今すぐ自分にできること、小さいことからコツコツと。

たとえば、道端に落ちているゴミを拾うことからでも始めてみよう。私が拾うことで、汚いな、やだなと思う人が減っていく。これを行うことで自分の気持ちも少しだけ温かい気持ちになれることができる。世界を変えるちいさな第一歩。それを医療の中でもやっていくだけ。

年明けは、ERの看護師さんたちに絡んでみよう!だって介入してほしそうな顔してるんだもん。

声にならない声を聞く練習効果抜群だ。

医療界は変わる。そう、私が変わると思ったから。

まさにSOSの法則。

そう(S)

思ったら(O)

そう(S)。

「チームトータリスト」のみなさん、毎日世界が変わるというのはワクワクしますね。今日はどんなチャレンジしてみますか?

あー今日も最高の一日になったぞー!

 

More from my site