人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「自然の力」

みなさん、おはようございます。「医療界を変える男 神應」です。

今日は新しい師匠の本から学んだことを共有したいと思います。新しい師匠の名は、丸山敏雄先生といいます。丸山先生は明治25年生まれの方なのでもちろんお亡くなりになっています。

先日も投稿した「自分経営」という言葉を検索した時にこの本がヒットし、昨日古本屋からのクリスマスプレゼントになりました。

朝からさっそく読み始め、ドキッとしたのが次の文章でした。

『人は、息をするのも、食べ物を消化するのも、血が巡るのも、すべて自分の力ではありません。自分では気づいていない大自然の力、頼みもしない、使用料も払わない大きな力で眠らされ、目覚めさせられて生きているのです。』

私は自分の経営は自分でするんだという想いでこの本を開いたのですが、まずはそのおこがましさに気づかせていただきました。

これが宇宙の法則、原理原則というものなのでしょうね。

この仲間に、1日が24時間なのも1年が365日なのも、お日様が東から昇り、西に沈むのも、地球が丸いのもすべて人の力ではないということがありますね。

そんな当たり前のことすら忘れてしまっていることに気づきました。

怪しい言葉になりますが、

「見えない力は必ずある。」

この宇宙の法則、原理原則の法則である見えない力を利用し見える現実をコントロールする方法を発見したのが丸山先生だそうです。

「心が先で、現実が後」

自分が嫌だなと思うすべての出来事は自分の心が作り出しているにすぎないという原則。

いやな出来事が起きた時、それは自分がそんなレベルにいるということを気づかせてくれるシグナルです。そんなことを感じないでいられるくらい成長できるチャンスになるということです。

「チームトータリスト」のみなさん、学びを通じて日々少しずつ進歩していきたいですね。

あー今日も最高の一日になったぞー!

More from my site