人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「トータリストのマイルール②」

みなさん、おはようございます。「医療界を変える男 神應」です。

今日は昨日の続きで医療界を変えるためにやっている私のマイルールの続きをご紹介いたしますね。マイルールの1回目は「トータリスト マイナス減らし、プラス増やし」でした。

今日は「プラスの言葉を意識して使う」です。

昨日も話したように私の口は、「プラスの言葉しか言わない口になりました」とマイルールで決めました。

そんなことないじゃんと思っている身近な方たち、そんなの無理でしょと思っている人たちに朗報です。

これはマイルールなので、自分が続けるだけです。そして、間違ってマイナスの言葉を言ってしまったときの対応策も考えてあります。

それは、

「首傾げキャンセル」です。

マイナスの言葉を言ってしまったときは、胸の前で小さく両手の指で×印を作り、首をかしげて「今の言葉キャンセル」と言うと×印が首をかしげることで「+」に見えるので、ついさっき言ったマイナス言葉はプラスに上書きされるというルールにしています。

人間の脳は、後で話した言葉を上書きするという便利な機能があるのでそれを意識して使っています。

以前投稿した「無意識無能→有意識無能→有意識有能→無意識有能」でいうと、意識していてできたりできなかったりという3段階目2段階目をさまよっています。

これもあきらめないで楽しみながらやっているうちに無意識有能になることはわかっているので、今はまだ途中経過ということで周りの皆様お許しください。

「チームトータリスト」の皆さん、みなさんは2018年プラスとマイナスの言葉どちらが多かったでしょうか?そして、2019年はどのくらいの割合にしたいでしょうか?

未来は話した言葉で作られる。その通りになりますよ。

私はもちろん100%プラスの言葉にしていきますよ。

あー今日も最高の一日になったぞー!

More from my site