人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「ハードの変化」

みなさん、おはようございます。「医療界を変える男 神應」です。

2018年度に始めたわが社のハード部分への介入が終盤を迎えています!

これに当たり更衣室として借りていたツインベルも今月末で退去します。

総務の皆さん、リフォーム委員会の皆さん、医事課、業務課、巡回、ボーグスさんなどなど本当にたくさんの方の協力があってここまで進んだんだと思います。

本当にありがとうございました*(^o^)/*)!

ユニットハウスをレンタルし食堂、会議室へ、

食堂兼倉庫だった石川邸をリニューアルし女性更衣室と倉庫へ、高木病院保育室を男性更衣室と巡回のスタッフの方の待機場所へと変貌していきます。

そして、掃除してくださっているボーグスさんたちの洗濯場所がもうすぐできそうです。

うれしいですね。

ただ、ここで私は一つ謝らなければいけません。

それは、石川邸のリニューアルが10月に完成したいたにもかかわらず引っ越しが1月になってしまったことです。

理事長から「寒くなる前に引っ越しが終わったほうが職員が喜ぶでしょ」と言われていたのに1月になってしまいました。

ツインベルからクリニックまでの寒さを改善するのが遅くなってしまいました。

本当に申し訳ありませんでした。

ここ最近、ハードにお金をかけていなかったわが社が投資をしたのは、私が掲げているチームトータリスト5つの目標を達成するためには、職員が会社に大切にされていると感じることが大事だと思うからです。

人は企業の宝です。その人が気持ちよく働けることで「あーチームトータリストの仲間でよかったな!」と職員が感じられるような場所を提供することでわが社の風土がよくなり、お客さんへのサービスの質が変わると信じています。

これは私一人ではできません。方針、指針を作るのは所長である私の役目。

それを理解し、実践して行くのは職員の役目です。

この激動の世の中私のかじ取りがうまくいかないこともあるかもしれません、ただそれは修正すれば済むこと。失敗は間違いではありません。そのやり方ではうまくいかなかったという気づき・学びだと考えるようにしてください。

はっきり言いますね、

『間違いはチャレンジしないこと』

今のまんまでいいなんて思っていては会社はなくなる。世の中の流れについていけない。

私たちは世の中についていくのではなく世の中を引っ張っていく存在にならなければいけません。

これは私の仕事ではない、周りの人がやってくれないというような主語が相手ではなく、すべての面で主語を私にして、チームトータリストが掲げている5つの目標に向けて、今私ができることを自分の頭で考えられることをとことん極めていきましょう。

私の力は小さいです。皆さんの力も小さいです。しかし、ミツバチがスズメバチを倒せるように小さい力も同じ方向を向いて集結すればとてつもない力が発揮できます。

そのためには皆さんの力が必要です。

「チームトータリスト」のみなさん、ぜひハードの変化にとどまらず、ソフトの変化も追及していきましょう。

あー今日も最高の一日になったぞー!

More from my site