人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「Iメッセージ、Youメッセージ!」

みなさん、おはようございます。「医療界を変える男 神應」です。

今日は0123の日!「いーにーさん⇒いい兄さん!」の日ですね。

男性陣はいい兄さんになりましょう、そして女性陣はいい兄さんを探しましょうね!

昨日は、「チームトータリスト特定社労士 元木先生」から多くのことを学びましたね!テーマは、「風通しの良い職場を目指して」ということで、「ハラスメントのない職場」に関して、時間をずらして表番組、裏番組とやっていただきました!

本当にありがとうございました!

「チームトータリスト」の皆さんが大事にしているコミュニケーション、相手の立場を考えての行動、言霊を意識する、指導(叱る)とパワハラ(怒る)の違いなどなど私の想いのよき理解者である元木先生ならではの元木節がさく裂してましたね。

その中でもちょうど話題にしたいなと思っていた、Iメッセージ、Youメッセージがあったので引用したいと思います。

スライド11枚目

妊婦健診の日に大事な会議が重なってしまったシチュエーションでの上司の言葉

〇:この日の会議に参加してほしいのだけれど、妊婦健診の日程を調整できるかしら?

×:この日は忙しいから、出てもらわなくちゃ困るわ。妊婦健診の日程を変更して。

という例が上がっていました。

〇の例は、私があなたに出てほしいというI メッセージであるのに対し、×の例は、あなたが出ないといけないというYou メッセージでしたね。

何か話をするときにYouメッセージではなく、Iメッセージにした方が受け取りやすいと学びました。

ここで◎の例を考えましたよ。

◎:この日の会議あなたが一生懸命中心にやってきてくれたことが議題にあるの。だから私はぜひあなたに出てほしいなと思う。そして産休中もうまく引き継いでいけるような場にしてもらいたいと思っているの。社長や部長のスケジュールを変えるのは厳しそうなので妊婦健診の予定を変更してもらうこと可能かしら。

という感じでしょうかね。

ある演劇のプロの俳優さんは、演技をするときに3つの人格をもって演技しているということです。

➀演技している自分の人格

➁観客として演技している自分を見る人格

③ちょっと上の方から離れて演技している自分と、観客としてみている自分の二人を同時に見ている人格

自分だけでなく、多くの人がこんな視点を持ちながら日々過ごしていけたら世界は変わる。

そのために必要なこと、人ではなく自分が変わる。

そんなことを改めて考える時間になりました。

元木先生!、ありがとうございました!

「チームトータリスト」のみなさん、Iメッセージ、Youメッセージ意識してみましょうね!

あー今日も最高の一日になったぞー!、

 

More from my site