人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「ごきげん道!」

みなさん、おはようございます。「医療界を変える男 トータリスト神應」です。

七十二候では、立春の次候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」ですね。まだ聞いていませんが、意識したいと思います。

今日は、先日読んだ本からのシェアをしたいと思います。その本のタイトルは、「ごきげん道」

著者は、先日のホワイト企業大賞でも評価委員をやってらっしゃるスポーツドクター、産業医なんかをやってらっしゃる辻先生!

「ごきげん道」の画像検索結果

この本の裏表紙には、

「自分は不機嫌でもいいと思ている人は多いが、不機嫌な人と一緒にいたいと思う人はいない」

と書いてありました。恐ろしいです。その通り!

辻先生曰く、自分にとっていい出来事があったからごきげんになるのではなく、自分の心くらい自分でコントロールしましょうよ!

たとえば、

  • 好きなことを考える
  • 一生懸命を楽しむと考える
  • 今に生きると考える

「え?ただ考えるだけで気分が変わるの?」と思った、そこのアナタ! 思考の波が脳に伝わり、脳波が変わるということが科学でも徐々に証明され始めているのです

たとえば、好きな食べ物のことを考えてみてください。
カレー、ハンバーグ、チーズケーキ、お好み焼き…

考えるだけでちょっと気分がよくなりませんか?
また、好きな食べ物の話をすると自然に笑顔になったりしませんか?

ただ考えるだけで、人はいつでもどこでも、ごきげんになることができるのです。

ということでした。

 

私の大好きな倫理の教えとも通じるものですね。

・えられるのは自分だけ。

・心が先、出来事が後。

・イメージが先で、現実が後。

これを実践する武器の一つに「ごきげん道」があるのだと感じました。

「チームトータリスト」のみなさん、みなさんは自分のごきげんはどうやってコントロールしていますか?

あー今日も最高の一日になったぞー!

 

More from my site