人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「結果承認」

みなさん、おはようございます。「所長のトータリスト」神應です。

今日は、5つの承認力の1つめ「結果承認」です。

5つの承認力」とは、

結果承認

プロセス承認

行動承認

意識承認

存在承認

でした。

➀結果承認とは、一言で言うと「褒める」ことです。

「褒める」とは良いパフォーマンスを伝えること。

この承認は良いパフォーマンスがないとできないという点があります。

たとえば、子供が1年間一回も休まず皆勤賞をもらった、受験で志望校に合格した、仕事で目標を達成できた、今までやってなかったことをやってみた、質問しながらやっていたことを質問せずに自分の力でやりきった、お手伝いができたなどなど。

もしかすると、私たちは気を付けないと職場やパートナーに対して、結果承認の閾値が高く、赤ちゃんに対しては一番閾値が低いのかもしれませんね。

この違いに気づいて、どうすれば結果承認をしやすい仕組みを築けるかを日常に落とし込めるといいのでしょう。

たとえば、朝の朝礼、会議などで、こんなことを達成しました!という達成合戦なんかをしてもいいのかなと感じています。

「チームトータリスト」のみなさん、みなさんは普段どれくらい結果承認を行っていますか?まずは自分で自分を結果承認してあげましょうね。

あー今日も最高の一日になりました!

More from my site