人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「無意識無能から有意識無能へ」

みなさん、おはようございます。「所長のトータリスト」神應です。

2019年度6日目ですね。

昨日も今日もコートがいらない陽気になってきましたね。

いきなりですが、みなさん、自分ができてないということを気づいたときってどんな感じがしますか?

たとえば、あまり書類を作ったりすることが無かった人が書類の作成を任されたりすると提出した後に誤字脱字が多いということを指摘してもらったり、扉を開けっぱなしにしていて開いていることを不快に思っている人がいる事を知ったりなどです。

「あー出来てなかった、みんなに迷惑かけていたんだな」と落ち込んだりするかもしれません。

こんなとき、人がいい人はきっと自分のことを批判したり、責めたりするのかもしれません。

私は、決して自分を責めないように意識するようにしています。

ではどうするか。

今までは知らなかった(気づいてなかった【無意識】)からできなかった(【無能】

だけ、これからは知ったので意識して【有意識】できる【有能】ようにしよう!ただはじめは有意識でも無能のことが多いはず、ただやり続けていると時にはできるかもしれないし、初めはできないかもしれないけど知らないでできなかった時よりはできることが増えるはず。

自分を責めるという行為は自分のエネルギーを下げます。エネルギーを下げて喜ぶ人って誰ですか?

あなたのエネルギーが下がるということは、あなたにとっても、あなたの周りの人にとっても良くないことです。

これは自分の行為で自分を責めるときだけでなく、他人にいやなことをされたときもきっと同じ。

他人の行為で自分のエネルギーを落とされないようにいやなことがあってもこんなことで私のエネルギーが下がってたまるかと強気に向き合うことが大事なのだと実践しています。

「チームトータリスト」のみなさん、何かの気づきがあったとき有意識無能の状態になります。ただそれをやり続けていると有意識有能にだんだんなっていくようです。気づいたとき、自分を責める他人を責めるのをやめてみませんか?

あー今日も最高の一日になりました!

 

More from my site