人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「デザイナーは前進する道を考えるのではなくて築くのだ」

どういう意味だろう?現実の世界や現実のあなたと無関係な楽しい妄想をたくさん思い浮かべて満足するのではなくて、実際にモノ(プロトタイプ:試作品)を作り、自分で試し、そのプロセスをおおいに楽しむことだ。
みなさん、おはようございます。「所長のトータリスト」神應です。

2019年度34日目ですね。

 

今日もまたまた『ライフデザイン』の本P33から引用しました。

 

そして、人生がうまくいく5つのツールとして大事なのは

➀好奇心

➁行動主義

③視点の転換

④認識

⑤過激なコラボレーション

ということでした。

 

 

好奇心が旺盛な人は、いろんなところにチャンスを見つけられる。

 

そのチャンスを見つけたらまずやってみる→失敗する。

 

そしてその問題の見方を変えると、一歩後ろに下がり、自分の固定観念を掘り下げ、新しい解決策の可能性を切り開ける。

 

うまくいくと思ってやってもうまくいかない。人生は波瀾万丈。このうまくいかないということが次につながる。デザインがプロセスだと認識することが大事。プロセスに集中することで次につながるものが出てくると。

 

最後の過激なコラボレーションは、今までの➀~④を実践するということは、世界に手を伸ばすということ、あなたが世界に手を伸ばせば世界は手を差し出してくれる。

 

なるほど、自分の好奇心に正直に学ぶことで気づきを得て、それを解決するためにと視点の転換を繰り返すうちに、すべてのことが必要なプロセスだと認識できそのプロセスで出会ったモノ、人と化学反応を起こし過激なコラボレーションになるということなんでしょう。

 

そのためには主体的に楽しむことが大事。

 

そんなことを教えてもらった気がします。

 

「チームトータリスト」のみなさん、みなさんもライフデザイン一緒に学んでみませんか?

 

あー今日も最高の一日になりました!

 

More from my site