人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

「急停車します。The emergency brake has been applied. 」といったあと「シューン・・・」という音とともに車内の電気が消えました。

みなさん、おはようございます。「トータリスト」神應です。

2019年度69日目ですね。

 

昨日の帰路中は珍しいことが2つ起きました。

 

一つは、駅停車中にホームで非常停止ボタンが押され「ヴィーン、ヴィーン、ヴィーン」という音が5分くらい響き渡っていました。「なんなんだよー、いい加減にしろよな!」というマイナスの声が聞こえてきましたが、そんなマイナスの声に飲まれてはダメだと読んでいる本に集中すると強く決めてみると思いのほかいい感じ

 

結局は隣のホームの電車にカバンが挟まったということだったということでした。

 

その後発車し数分後、2つ目の出来事。

 

冒頭の緊急停止の合図とともに車内は停電。

車内は暗くなりましたが、私は座っており、窓からは薄暗い光が差し込んでおり本もいつもより多く読めるしいいじゃないと思いながら過ごしていました。

 

パンタグラフって全部一緒じゃないようですね。前6両は停電する位置で、後ろ4両は大丈夫な場所ということでした。

 

アナウンスによると緊急停止ボタンを傍受した電車すべてが緊急停止したので順番に解除操作をして行くとのこと。

 

この手順をすっ飛ばすと送電線に影響が出て復旧が非常に遅れるから順番を待つしかないというアナウンスでした。

 

私が乗った電車の車掌さんは、無線が「ガーガー」飛び交っている中に迅速に落ち着いて必要なことをしっかり、しかもわかりやすい言葉でアナウンスしていました。

 

「うーん、おみごと。」

 

自動運転になってもこんなことできるのかななんて思いながら20分弱で電車が少しずつ動き出し急に車内が明るくなりました。

 

その瞬間、うわーっ!電気ってこんなに明るいんだ。

 

本当に有難いなと思いました。

 

その後の電車は遅れのせいか超満員。

 

そんな中やっぱり来ました。

 

杖を持っているおばあちゃん。

 

見つけると目があいますね。

 

混んでいる中でしたが、無理やり立って「席どうぞ!」というと、隣の席の方が私の座っていた席にずれてくれました。

 

人としてかっこいいと思えることを精一杯やる。

 

セルフイメージを上げる訓練が少しずつ身についていると自分でも非常にうれしくなりました。

 

「まわりの出来事ではなく、自分の心が世界を作っている」

 

ということをまたまた実体験できました。

 

「チームトータリスト」の皆さん、今日も皆さんが最高の自分を発揮し、最高の一日を過ごしますように!

あー今日も最高&最幸の一日になりました!

More from my site