人間ドック、生活習慣病健診、出張健診、各種がん健診、保健指導、産業医派遣、内科、消化器内科、神経内科、漢方内科、婦人科

ABC検診 (ペプシノーゲン検査とピロリ菌検査による胃がんハイリスク検査)

こんな方にお勧め具体的な内容注意点
  • 胃の検査をいままで受けたことがない方
  • バリウム検査や胃カメラに抵抗がある方
  • 胃の健康度が知りたい方
  • 内視鏡を受けるか悩んでいる方

 

ABC検査のメリット

    • 検査が受けやすい。
    • 定期健康診断の採血量で検査が可能です。
    • ABC検査のために血を多く採る必要はありません。
    • ABC検査のみの場合では、食事の制限がありません。
    • バリウム検査や胃カメラを飲む必要がありません。
ABC検診(胃がんリスク分類)とは、血液検査法です。
「ピロリ菌感染の有無を調べる検査」と「胃炎や萎縮の有無を調べる検査(ペプシノゲン)」を検査します。
 

  1. (ペプシノゲン検査)胃粘膜の萎縮度(老化度)を見る事が出来ます。
    萎縮性胃炎になると胃がんになるリスクが非常に高くなると言われています。
  2. (ピロリ菌抗体検査)世界保健機構(WHO)は疫学的調査からピロリ菌を確実な発がん物質と認定しています。
    ピロリ菌が胃の中に長い間、感染し続けることによって、胃がんだけでなく、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍をはじめとする様々な病気が引き起こされる事が分かっております。
  1. 胃がんのリスクを判定するものであり、胃がんを特定する検査ではありません。
  2. 胃酸を抑える薬を飲んでいる人は正確な検査結果が出ません。
  3. 胃を切除した人は正確な検査結果が出ません。
  4. 腎不全(目安:血清クレアチニン値が3mg/dl以上)の人は正確な検査結果が出ません。
  5. 過去にピロリ菌除菌治療した人には正確な検査結果が出ません。
  6. 精密検査には胃カメラ検査が必要です。